テックタッチで活躍できる人材がテックタッチに入社する

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
テックタッチで活躍できる人材がテックタッチに入社する by Mind Map: テックタッチで活躍できる人材がテックタッチに入社する

1. 採用チャネルを増やす

1.1. 自社サイト

1.1.1. 応募フォームを用意する

1.1.2. 採用ページにどれくらい遷移しているか

1.2. 入りたいと思った時に入れるようなコミュニケーションをとる必要がある

1.3. 転職媒体

1.3.1. Green

1.3.1.1. 気になる送った後、送れない課題

1.3.2. Linkedin

1.3.3. ビズリーチ

1.3.4. LAPRAS

1.3.5. Wantedly

1.3.5.1. 採用ページにどれくらい遷移しているか

1.4. 人材紹介会社

1.4.1. エンジニアの人材紹介会社はどこが良いんだろう?

1.5. リファラル

1.6. SNS

2. 各職種ごとに転職者動向を理解する

2.1. 人材紹介会社に職種ごとの転職動向(転職者が知りたい情報、求める条件)を聞く

3. 活躍できると見極めるためには?

3.1. 活躍できる人材要件を定義する

3.1.1. 職種ごとに人材要件を決める

3.1.2. 状況に合わせて定期的に要件の見直しをする

3.1.3. どんな人が活躍しているかを把握する

3.1.4. 会社としてのコア要件を決める

3.1.4.1. カルチャーと基本スキル要件の設計

3.2. ビジョンやミッションの共感

3.2.1. ビジョンやミッションの策定

4. 活躍してもらうためには?

4.1. 活躍できるような環境を用意する

4.1.1. 会社の環境にいち早く慣れることが必要

4.1.1.1. 入社前から一緒に働くメンバーのことや出社したら何ををすべきか、その準備やイメージができている

5. なぜ採用できていないかを分析する

5.1. 他決?お見送り?条件面?カルチャー面?スキル面?

5.1.1. ATSでできる?

5.2. 手段が合っていない?媒体ではなく、実は自社サイトからやリファラルの方が合っている?

5.2.1. ATSでできる

5.3. フェーズごとの歩留まりを確認する

6. 採用における競合との比較検討に勝つ

6.1. 各職種ごとにどこと比較されることが多いのか人材紹介会社に聞く

7. 転職潜在層にもアプローチする

7.1. 転職媒体以外のアプローチ手段の検討

7.2. 転職してもらいたいと思ってもらえる情報を発信する

7.2.1. CJMの設計

8. なぜ採用できているかを分析する

8.1. 条件面?カルチャー面?プロダクト?業務内容?学べるスキル?ビジョン?ミッション?

8.2. 情報が刺さっている。何の?

8.2.1. 今いる社員にきく。応募者に聞く

8.3. 採用チャネルが合っている?

8.3.1. ATS検討

9. 候補者に選んでもらう

9.1. ターゲットを明確にし、そのターゲットが応募したくなる情報を発信する

9.1.1. CJMの検討

10. 採用チャネルのコンテンツを検討

10.1. どんなコンテンツが良いか人材紹介会社に聞く