評価面談

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
評価面談 by Mind Map: 評価面談

1. 業務概要

2. 成果

2.1. ①新しい開発手法「アジャイル開発」を導入し開発開始

2.1.1. ①-1 企画チームの役割とミッションを明確化、意識改革を実施

2.1.1.1. なぜ導入しようと思った?

2.1.1.1.1. ユーザにとって本当の価値を提供したいと思った

2.1.1.1.2. 他社に対してリリース速度で劣っているところを克服したかった

2.1.1.1.3. エンジニアとしてスキルアップしたかった

2.1.1.1.4. 生き生きと働ける環境を作りたかった

2.1.1.1.5. 今までなぜ導入しなかった?

2.1.1.2. 何に苦労した?

2.1.1.2.1. アジャイルはよしなに進められると思っていた「良い部分を間違って認識していた」

2.1.1.3. 何を工夫した?

2.1.1.3.1. 自らアジャイルが良いと考え導入の提案をした

2.1.1.3.2. 他社の苦労話を聞いた

2.1.1.3.3. ドコモのアジャイル開発の現場を見学させてもらった

2.1.1.3.4. POの仕事を一部巻取り、「こうやって要件定義する」を示した

2.1.1.4. 何ができるようになった?

2.1.1.4.1. リリース前

2.1.1.4.2. リリース後

2.1.2. ①-2 リリースまでの期間を短縮しながらも、品質が担保できるやり方を策定

2.1.2.1. 何に苦労した?

2.1.2.1.1. NTT品質の保持

2.1.2.2. 何を工夫した?

2.1.2.2.1. 試験自動化などの知見を技本社員にヒアリング

2.1.2.2.2. ユーザに対するサポート端末の提示を変えた

2.1.3. ①-3 大幅な要件増加により課題発生、開発遅延に対してのリカバリを実施

2.1.3.1. なぜ発生した?

2.1.3.1.1. 要件が増加した

2.1.3.2. どう工夫した?

2.1.3.2.1. IBMの例を参考に、チームの細分化を図った

2.1.3.2.2. 複数案パターンを作り、ベンダーと議論した

2.1.3.2.3. 当初予定になかったデザイン会社の交通整理なども請け負って進めた

2.2. ②「年間売上12億円目標 Vtuberマッチング」企画の推進を幹部と合意形成

2.2.1. Vtuberマッチングは24年度会員23万人で12億円売上目標

2.2.2. ②-1 様々なアプローチで多数の企画を発案し、最終的な1案を決定

2.2.2.1. どう工夫した?

2.2.2.1.1. 情報収集を様々な方法で多く実施した

2.2.2.1.2. アイデア発想をフレームワークを使って実施した

2.2.2.2. 何が成果?

2.2.2.2.1. 情報収集をしてメンバーに共有し、より多くのアイデアが出た

2.2.2.3. 何に苦労した?

2.2.2.3.1. 他社との差別化を図るのに苦労した

2.2.3. ②-2 事業撤退リスク低減のために、技術的観点で初期投資を下げる案を策定

2.2.3.1. どう工夫した?

2.2.3.1.1. SaaSを活用することでの初期開発コストの削減

2.2.3.1.2. 他社システムを買い取って、デザインと一部実装のみを改修し利用

2.2.3.2. なぜそう考えた?

2.2.3.2.1. 未開拓領域での新事業開始は、失敗する可能性も高く、撤退リスクを最小にすることが必要だと考え検討。