病院経営者

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
病院経営者 by Mind Map: 病院経営者

1. 費用削減

1.1. 人件費

1.1.1. 専門性の高い労働集約型のため、あまり手をつけられない

1.2. 薬剤・材料費

1.2.1. とにかく安く買いたい

1.3. 経費

1.3.1. とにかく抑えたい

1.4. その他

2. 人材育成

2.1. 分析のできる事務職

2.2. 教育のできる人材

2.3. 自分の右腕

2.3.1. 副院長

2.3.1.1. 自分の指示を現場に発信・指揮する旗振り役になってほしい

2.3.2. 事務部長

2.3.2.1. お金周り・戦略・戦術の相談を受けてくれる

2.3.3. 分析担当

2.3.3.1. 自分が感覚で思ったことを「すぐに」数値化して考察をくれる

3. 収益増加

3.1. 係数対策

3.1.1. 機能評価係数Ⅰ

3.1.2. 機能評価係数Ⅱ

3.1.3. 暫定調整係数

3.2. パスコントロール

3.2.1. 在院日数

3.2.1.1. 期間Ⅱ超のコントロール

3.2.1.2. 在院日数短縮

3.2.1.3. 長期入院患者

3.2.2. 医療資源抑制

3.2.2.1. 薬剤・材料の使い方是正

3.2.2.2. 検査・画像診断の外来活用

3.3. 集患

3.3.1. 地域連携(対 開業医)

3.3.1.1. 高単価な手術症例の増加

3.3.1.2. 紹介率up

3.3.1.3. 逆紹介率up

3.3.2. 広報活動(対 患者)

3.3.2.1. ホームページ

3.3.2.2. 広報誌

3.4. 加算による収益増

3.4.1. 加算の撮り漏れ抑制

3.4.2. 取れる加算の届出

3.5. 手術室改善(効率運用)

3.6. 外来患者のコントロール

4. 人材確保

4.1. 事務職

4.2. 医師

4.2.1. ゴッドハンド

4.2.2. 専門医

4.2.3. 研修医

4.3. 看護師

4.4. セラピスト

4.5. その他医療職

5. 医療政策

5.1. 診療報酬改定への対応

5.2. 政策の流れ

5.2.1. 新専門医制度

6. 病床戦略

6.1. 外部環境

6.1.1. 市場:今後医療圏の市場は

6.1.1.1. 疾患別

6.1.1.2. 領域別

6.1.1.3. 地域別

6.1.2. 競合:周辺医療機関の状況

6.1.2.1. マーケットシェア

6.1.2.1.1. 疾患別

6.1.2.1.2. 領域別

6.1.2.1.3. 地域別

6.2. 内部環境:自病院

6.2.1. 自院は急性期として生き残れるのか?

6.2.1.1. 機能分化シミュレーション

6.2.1.1.1. 地域包括ケア病棟を持つべきか?

6.2.1.1.2. 現状維持でいいか?

6.2.1.1.3. ダウンサイジングが必要か?

6.2.1.1.4. 回復期リハ病棟を持つべきか?

6.2.1.1.5. 療養病棟を持つべきか?

6.2.1.1.6. 急性期をやめるべきか?

6.2.1.2. 自院の強みと弱みは?

6.2.1.2.1. 国策から見る立ち位置(則っているか?)

6.2.1.2.2. 他病院とに比較による「急性期らしさ」の可視化