テレワーク導入の 5つポイント (Ver2)

Kom i gang. Det er Gratis
eller tilmeld med din email adresse
テレワーク導入の 5つポイント (Ver2) af Mind Map: テレワーク導入の 5つポイント (Ver2)

1. 社会保険労務士オフィスワイ・ツーのホームページ

2. お問い合わせ

3. 3.費用負担

3.1. 事前にルール化

3.1.1. 通信費

3.1.2. 水道光熱費

3.1.3. セカンドモニター

3.1.4. ワークチェア

3.1.5. 在宅勤務手当

3.1.5.1. 所得税

3.1.5.1.1. 手当全て

3.1.5.2. 割増賃金計算

3.1.5.2.1. 計算の基礎

3.1.5.3. 社会保険雇用保険

3.1.5.3.1. 計算の対象

3.1.5.4. 実費相当額支給

3.1.5.4.1. 計算方法

3.1.5.4.2. 課税

3.1.6. 通勤手当

3.1.6.1. 在宅勤務/通勤手当

3.1.6.1.1. 従前どおりの通勤手当を支給

3.1.6.1.2. 一律の通勤手当

3.1.6.1.3. 通勤を行わないことが確実な場合

3.1.6.2. 実費精算

3.1.6.2.1. 社会保険の対象

3.1.6.2.2. 業務交通費

3.1.6.3. 自転車通勤

3.1.6.3.1. 非課税

3.1.7. レンタルオフィス費用

3.1.7.1. 課税

3.1.7.1.1. 必要なし

3.1.8. PCR検査費用

3.1.8.1. 給与に非該当

3.1.8.1.1. 業務遂行上必要な従業員のみを対象

3.1.8.1.2. 実費支給

3.1.8.2. 給与に該当

3.1.8.2.1. 一定額を支給

3.1.9. 見舞金

3.1.9.1. 非課税所得

3.1.9.1.1. 心身または資産に加えられた損害について支払を受ける

3.1.9.1.2. 支払額

3.1.9.1.3. 役務の対価

3.1.9.2. 課税所得

3.1.9.2.1. 上記を満たさない場合

3.2. 労働者

3.2.1. 過度の負担

3.2.1.1. 望ましくない

3.3. 実費

3.3.1. 合理的・客観的

3.3.1.1. 計算

3.3.1.1.1. 支給

4. 4.労務管理

4.1. 勤怠管理

4.1.1. 労働時間の把握

4.1.1.1. 電話・メール

4.1.1.2. 勤怠管理システム

4.1.1.3. PCログ

4.1.1.4. 日報

4.1.2. 運用ルール策定

4.1.2.1. 時間外労働

4.1.2.1.1. 事前申請

4.1.2.1.2. 許可制

4.1.3. 労働者ごと

4.1.3.1. 自由度

4.1.3.1.1. 認める

4.1.4. フレックス

4.1.4.1. テレワーク

4.1.4.1.1. 馴染みやすい

4.1.5. 中抜け時間

4.1.5.1. 休憩時間

4.1.5.2. 時間単位有給休暇

4.2. 長時間労働の抑制

4.2.1. 時間外労働原則禁止

4.2.2. 時間外

4.2.2.1. メール送信抑制

4.2.3. 柔軟な働き方

4.2.3.1. 導入

4.2.3.1.1. 中抜け等

4.2.4. システム利用制限

4.3. メンタルヘルス

4.3.1. ストレス対処行動の啓蒙

4.3.2. 組織全体

4.3.2.1. 対策

4.3.2.1.1. 相談体制

4.3.2.1.2. コミュニケーション

4.3.3. 作業環境

4.3.3.1. 確保

4.4. ハラスメント対策

4.4.1. パワハラ

4.4.2. セクハラ

4.4.3. 管理職教育

4.4.4. 相談窓口の設置

5. 5.人事評価

5.1. 評価見直し

5.1.1. 業務可視化

5.1.2. コミュニケーション

5.1.2.1. 定例ミーティング

5.1.2.2. 個別面談

5.1.3. 評価者意識啓蒙

5.1.3.1. テレワーク規程

5.1.3.1.1. 労使協議

5.1.3.1.2. 労働者

5.1.3.2. 評価者研修

5.1.3.2.1. 自律的

5.1.3.2.2. 適切

5.2. 目標管理形式

5.2.1. KPI

5.2.2. KGI

5.3. テレワーク

5.3.1. 評価方法

5.3.1.1. 区別

5.3.1.2. オフィス勤務

5.3.2. 誰もがテレワークを 行えるようにすることを妨げないように工夫を行うことが望ましい

6. 1.環境整備

6.1. 事前準備

6.1.1. 社内業務→社外業務へ転換

6.1.2. 情報セキュリティ対策

6.1.2.1. セキュリティガイドライン策定

6.1.2.2. ハード面

6.1.2.3. ソフト面

6.1.2.4. 業務ごと

6.1.2.4.1. 個別

6.1.3. 対象業務

6.1.3.1. 個別の業務

6.1.3.1.1. 実施できる場合あり

6.1.3.2. 管理者

6.1.3.2.1. 意識転換

6.1.3.3. 業務遂行

6.1.3.3.1. 方法

6.1.3.4. 業務

6.1.3.4.1. 偏り

6.2. 対象者選定

6.2.1. 雇用形態

6.2.1.1. 違い

6.2.1.1.1. 判断しない

6.2.2. 在宅勤務NG

6.2.2.1. サテライトオフィス勤務

6.2.2.2. モバイル勤務

6.2.3. コミュニケーション

6.2.3.1. 円滑化

6.2.3.1.1. 配慮

6.3. 望ましい取り組み

6.3.1. 業務の進め方

6.3.1.1. 見直し

6.3.1.1.1. 廃止

6.3.1.1.2. ペーパーレス化

6.3.1.1.3. 電子化

6.3.2. 職場内の意識改革

6.3.3. 状況に応じた

6.3.3.1. 適切なコミュニケーション

6.3.3.1.1. 促進

6.3.4. 企業全体

6.3.4.1. トップや経営層

6.3.4.1.1. 必要性

6.3.4.1.2. 方針

6.4. リモートデスクトップ方式

6.4.1. アクセス

6.4.1.1. 外部PC→社内PC

6.4.2. 導入障壁

6.4.2.1. 少ない

6.5. クラウド型アプリ方式

6.5.1. 利用可能

6.5.1.1. 1ユーザー

6.5.2. 利用不可

6.5.2.1. 自社開発システム

6.6. 会社PC持ち帰り方式

6.6.1. VPN接続

6.6.2. 不正侵入対策

6.6.3. データ漏洩対策

7. メリット

7.1. 会社

7.1.1. 人材定着、育成

7.1.2. 業務プロセス改善

7.1.3. 事業コスト低減

7.1.3.1. 旅費交通費

7.1.3.2. オフィス家賃

7.1.3.3. 通信費

7.1.4. BCP確保

7.1.5. イメージアップ

7.2. 従業員

7.2.1. ワークライフバランス向上

7.2.2. 生産性向上

7.2.2.1. 削減

7.2.2.1.1. 通勤時間

7.2.2.1.2. 電話対応時間

7.2.2.2. 業務に集中できる環境

7.2.3. モチベーション向上

7.2.3.1. 労働の増加

7.2.3.1.1. 自己の裁量

8. 2.形態

8.1. 在宅勤務

8.2. モバイル勤務

8.3. サテライトオフィス勤務