暗号資産(仮想通貨)

Lancez-Vous. C'est gratuit
ou s'inscrire avec votre adresse e-mail
暗号資産(仮想通貨) par Mind Map: 暗号資産(仮想通貨)

1. インターネット上で取引される暗号化されたデジタル資産(電子データ)

1.1. 暗号化技術(公開鍵暗号、ハッシュ関数等)により偽造や二重払いなどの基本的な問題を回避している

1.2. ブロックチェーンとは暗号資産の取引データがまとめられたブロックが鎖のように繋ぎ合わされた分散型データベース

1.3. 暗号化技術をブロックチェーンに適用することでデータの信頼性が担保されるため、暗号資産の価値移転を安全に行う事ができる

1.3.1. 安全性を確保するための暗号化技術が行われることから、米国では「暗号通貨(クリプトカレンシー)」と呼んでいます

1.4. 分散型データベースを中央管理者ではなく世界中のコンピューターが取引の正当性を検証・承認しています

1.4.1. なので、悪意ある第三者がデータを改ざんしようとしてもすぐに判明します

1.4.2. またビットコインではデータ改ざんには大量の計算が必要となるため不正を行う労力に見合わないとされています

1.4.3. 暗号資産を発行する代表的な方法であるマイニングはブロックを生成する作業の事です。マイニングを行う人の事をマイナーと言います

1.4.3.1. マイナーがマイニングを行う事でブロックチェーンが正常に稼働し、不正なども検証されます。

1.4.3.2. マイナーはマイニングを行ったインセンティブとして暗号資産を受け取ることができます

2. 法定通貨との関係性

2.1. 日本では、日本銀行が発行する日本銀行券(紙幣)、造幣局が製造し政府が発行する貨幣のみが法定通貨

2.2. 違いは①物理的な実体がない、②特定の国家による価値の保証がない

2.3. 共通点は交換/決済/送付/融資/投資ができること

2.3.1. 法定通貨と交換できるため経済的価値の土台となっている

2.3.1.1. 暗号資産交換業者を通じて購入や取引ができる

2.3.2. ゲーム利用取引、物販の支払い、国際送金、投資用資産に使われる

3. 暗号資産の種類

3.1. ビットコイン

3.1.1. 2008年にSatoshi Nakamoto名義で発表された論文(Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System)が発表され、2009年にビットコインネットワークがスタートし現在に至ります。

3.1.1.1. 手数料のせいで少額取引ができない

3.1.1.2. 完全な送金キャンセルができない

3.1.1.3. 2重支払いの防止コスト、リスクがある

3.1.2. 暗号技術や分散システムの研究の集大成ともいえ、最初の暗号資産ともいわれています。暗号資産 =ビットコインといえるほど、取引高・時価総額ともに大きく、最もポピュラーな暗号資産 といえるのがビットコインです。

3.1.3. 暗号資産の発行上限が2100万枚と決められており、将来的に通貨がインフレーションを起こすことがないよう、設計されているのも大きな特徴です。

3.1.4. デジタル署名して履歴を残す=コインを送る

3.1.5. ナンスを見つけるためにマイニングしている

3.2. アルトコイン

3.2.1. イーサリアム

3.2.1.1. イーサリアム(Ethereum:ETH)は、スマートコントラクトという技術を採用しているのが大きな特徴です。

3.2.1.2. ブロックチェーン上に取引情報だけでなく、コントラクト(=契約)の内容をブロックチェーンに記録することができ、その内容を自動的に実行させることもできます。

3.2.2. リップル

3.2.2.1. 独自に開発されたコンセンサス・システムにより、スケーラビリティに優れ、素早い決済を可能とする暗号資産です

3.2.2.2. リップルは銀行間送金だけではなくあらゆる通貨間をブリッジするブリッジ通貨となることを目標としています

3.2.3. ライトコイン

3.2.3.1. ビットコインから派生した暗号資産で、ビットコインを補完する役割を担うことを目的とし、ビットコインの欠点(トランザクションの承認時間等)を補う機能を実装しています。

3.2.3.2. また、発行上限もビットコインの4倍となる8400万枚に設定されていることも大きな特徴です。

3.2.4. ビットコインキャッシュ

3.2.4.1. ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash:BCH)は、2017年8月1日にビットコインからハードフォークした暗号資産です。

3.2.4.2. ブロックサイズ(取引処理能力)を最大8倍に拡大し、スケーラビリティ問題を解決するための仕組みが導入されています。

3.2.5. モナーコイン

3.2.5.1. ライトコインをベースに、非中央集権によるクライアントプログラムによって維持される完全分散型決済システムを基盤とした暗号資産です。

3.2.5.2. モナーコインはユーザーによる様々なサービスの開発や、神社の建立、語呂合わせの投げ銭等、他のコインではあまり見られない使われ方が定着するなど、コミュニティ主体で発展を続けている点が特徴です。

3.2.6. ネム

3.2.6.1. ネム(NEM:XEM)は、ビットコインから派生したアルトコインの一種で、POI(Proof-of-importance)という仕組みが採用されています。

3.2.6.2. POIによりNEMのネットワークに貢献(残高や取引頻度から算出されたスコアによって判断)した人が多くの報酬(ハーベスト報酬)を得られるため、一部の採掘者やグループに報酬が偏ることがありません。

4. 取引の種類

4.1. 現物取引

4.1.1. 現物取引はお客様と当社との間で取引の都度現金及び暗号資産(仮想通貨)の受け渡しが行われる取引となります。

4.1.2. なお、現物取引はお客様が当社に預け入れている資金(暗号資産(仮想通貨)を含む)の範囲内でしか取引できず、保有していない暗号資産(仮想通貨)を売ることもできません。

4.2. レバレッジ取引

4.2.1. 差金決済では、現物の受け渡しがないので、取引の際に取引金額の全額を用意する必要はありません。

4.2.2. しかし、取引により損失が生じた場合でも決済ができるよう、一定額の資金を預け入れる必要があります。この預け入れる資金を「証拠金」と呼びます。

4.2.3. そのため、お客様は預け入れた資金以上の金額の取引を行うことが可能となっており、これをレバレッジ効果といいます。