コピーライティング講座

マインドマップ4章まで終わりました。11

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
コピーライティング講座 により Mind Map: コピーライティング講座

1. はじめに

1.1. セールスライティングの可能性について

1.1.1. 今の時代ホームページを作る人も多い

1.1.2. 実際には集客できない人がいる

1.1.3. 集客ができない売り方知らず悩む人がいる

1.1.4. コピーライティングのスキルは、その人を助けることができる

1.1.5. 今後はとてつもなく大きな技術

1.1.5.1. ネットで売る技術

1.2. ビジネスにおいてのネットの重要性

1.2.1. 通販のキモになる部分=セールスライティング

1.2.2. より多くのお客さんを集客して、より多くの商品を販売することができる

1.2.3. 困ってる人の手助けができる

1.2.4. 自分自身のスキルにもなる

1.2.4.1. 集客のスキルになる

1.2.5. 新しくビジネスを開くのにも役に立つ

1.2.6. 「人が動く」ここをコントロール=自分の人生のコントロールにもなる

1.2.6.1. どうすれば売れるのかが大切

1.2.7. どんな業種でも使えるスキルである

1.2.7.1. 「売り上げを伸ばす」スキルである

1.3. 売れるライティングの不足について

1.3.1. ネットで集客してほしい人がたくさんいる

1.3.1.1. これだけの需要があるのに学ばないともったいない

1.3.2. 需要と供給に追いついてない状態

1.4. この講座を受講することのメリット

1.4.1. 集客の技術を身につけて、人助けができる

1.4.2. 有望なセールスライティングを身に着けることができる

1.4.3. 持続可能な利益を出しつづけることができる

1.4.4. 講師の実体験から、受講生にもそれを体感して欲しい

1.4.5. 集客して売る技術があればお金に困らない

1.4.6. 売る人を見つけるのは難しいが、自分がそうなればいい

1.4.6.1. 商品や技術というのものはすぐ身につけられるが、売る人を見つけるのは難しい!その可能性を身につけられる!!

1.4.7. 将来性のある可能性の詰まった講義

1.5. 大窪社長の講座に対する想い

1.5.1. 実践的な技術を伝えたい

1.5.2. 実際にその技術を使って最終的に利益にして欲しい

1.5.2.1. 実際に身につけて、実践してキャッシュにする

1.5.3. ここまで身のある講座なので決して習得するまで諦めないで

2. 第3章

2.1. 力無き正義は無力なり

2.1.1. 良いものを提供することは、人にどのように認知されてるかによって変わる

2.1.2. 売れないからと、文句を言っても寝言だ

2.1.3. 価値のない商品を売る=価値ある商品を売れない

2.1.3.1. 利益を出すことができないと、粗悪な商品を提供することになる

2.1.4. 良い商品を提供することが大前提

2.1.4.1. 作るためのコストも利益から発生している

2.1.4.1.1. 利益からコストを捻出捨ことも重量

2.2. 一流の詐欺師と一流のマーケッターの違い

2.2.1. 一流の詐欺師=一流のマーケッター

2.2.1.1. 無価値のものも売れてしまう

2.2.1.2. 違いとは、売るものの価値があるか、ないか

2.2.1.3. 人の心を動かすという本質は同じ

2.2.1.4. 良い話、ウマい話は信じてもらえない

2.2.1.4.1. それを心理テクニックで買ってもらう手口

2.2.1.5. アンダーグラウンドのノウハウから最先端のマーケティングを学べたりする

2.2.1.5.1. 例:SEOについてのノウハウなど

2.3. コピーライティング力とは

2.3.1. 誤解してる人も多い

2.3.1.1. 「売り上げ=コピーの力」ではない

2.3.1.2. 嘘で打った場合は、コピーライティングの力ではない

2.3.1.3. 嘘をつけばいいということになる

2.3.1.4. 煽らずに、嘘をつかずに、「売り込まずに売り込む力」

2.4. 売れない営業マンは客のせいにする

2.4.1. 大窪社長の経験談

2.4.1.1. 売れない原因の言い訳を客のせいにする

2.4.1.2. コピーライティングも同じことが言える

2.4.1.2.1. うまくいかなかったときに、代理店のせいにする

2.5. テクニックに溺れてはいけない理由

2.5.1. 大窪社長の経験談「格闘技」

2.5.1.1. テクニックばかり練習した結果、痛いから避けていた

2.5.1.1.1. 筋トレも疲れる、しんどいことは避けていた

2.5.1.2. どれだけ技術を学んでいても、基礎体力がないと勝てない

2.5.1.3. コピーライティングも同じことが言える。基礎的な部分が重要

2.5.1.4. コピーライティングで言うところの、力の使い方や、基礎体力の重要性とは

2.5.1.4.1. コピーライティングの基礎体力と言うべきところとは、「リサーチ力」である

2.5.1.4.2. 「エセ占い師」

2.5.1.4.3. 予め、情報を調べた上で「こんなこと感じてませんか?」「こうじゃないですか?」と言えばその人を信用する。

2.5.1.4.4. コードリーディング

2.5.1.4.5. リサーチしたこと「価値観」「信念」「悩み」「欲求」金銭に触れるようなコピーが書けるようになる

2.5.1.4.6. 自分で考える、自分で予測するのではない何を話すべきか、と考えること自体が違う

2.6. スタートする前に決まるという事実

2.6.1. 書いてから結果が判るのではなく、書くまえに結果が決まる

2.6.2. 「価値」は「何によって感じるか」ということを考える

2.6.2.1. 年齢によって違うものを、同じ訴求、セールスすること自体がナンセンス

2.6.2.2. スタートする前に、わかってしまう

2.6.2.3. どれだけうまい文章を角よりも相手がどのようなことを感じてるか、思っているかを知る

2.6.3. 例:お客さんの質によって何を話すかも変わる

2.7. 足で稼ぐ刑事(デカ)

2.7.1. 足で稼いだ情報に勝るものはない

2.7.2. たとえば、週刊誌のスキャンダルなど

2.7.3. ネットよりも、最新のものは自分の足で調べる

2.7.4. ネットに得られるだけの情報に頼るひとが多い

2.7.4.1. ネットの情報は古い

2.7.4.2. ネット上での市場規模など、マクロ的な情報を知るのには役に立つ

2.7.4.3. 実際に、人に会って聞くなど、足を運ぶ方がいい情報を得、いいコピーが書ける

2.7.4.4. 自分の情報についても、わかる

2.7.4.4.1. 顧客からいろいろ聞く方がいい

2.7.5. ネットの情報も大事

2.7.5.1. 統計や、市場規模をリサーチできる

2.8. どんなことをリサーチすればいいか

2.8.1. 「コピーライティングの3C」を統合したものをコピーに反映していく

2.8.1.1. 3Cとは

2.8.1.1.1. 自社company

2.8.1.1.2. 競合competition

2.8.1.1.3. 顧客customer

2.8.1.2. これら3Cを統合したものをコピーに反映していく

2.9. 見込み客になりきる

2.9.1. 例;万引きジーメンは万引き犯になりきる

2.9.1.1. 空き巣を続けてた人、「犯罪に手を染めてきたら、そのノウハウを活かして」防犯の仕事でのプロフェッショナルになった

2.9.2. 例:彼女や子供にプレゼントをあげる

2.9.2.1. 何が欲しいかを見極めるためによく注視する

2.9.2.1.1. リサーチの元、プレゼントすることにより誕生会は成功する

2.9.3. つまり見込み客について知り尽くす

2.9.3.1. サイコグラフィック

2.9.3.1.1. 心理的な側面から、例えば、価値や観信念持ってるか

2.9.3.2. デモグラフィック

2.9.3.2.1. 年齢層、結婚未婚、年収などの属性部分

2.9.3.3. すごく悩んでること、不便に考えてることなど、より深く悩んでることの方が訴求しやすい

2.9.3.4. 悩みが浅い場合は、快楽に訴求していくのが良い

2.9.3.5. 見込み客が、熱中してること、熱心に感じてること

2.9.3.6. ライバル商品についての不満

2.9.4. 同じ共通点で顧客を獲得する場合は、たくさん買ってくれてるお客さんを分析してみる

2.9.4.1. いいお客さん、質の良いお客さんを分析する

2.9.4.1.1. 顧客を分析できれば良い

2.9.5. 今のネット社会について

2.9.5.1. 昔は、コンサルティング会社にお願いしていた情報、情報にお金をかけていた時代

2.9.5.2. 今は、無料で情報を得ることができる

2.9.5.3. 分析のツールがあるのにもかかわらず、使ってない人が多い

2.9.5.4. リスクを最小限度にして最大の成果を得ることができる

2.9.5.5. ドル箱と言えるツールがある

2.9.6. 見込み客のことを知れば知れば知るほど訴求の高いコピーライティングができる

2.9.7. 市場のことを知ればビジネスを失敗せずに起業していくこともできる

2.9.7.1. ビジネスは、出来レースをいかに作るか

2.9.7.1.1. リスクとリターンは平等→情報を増やすことによって

2.9.7.1.2. ローリスクハイリターン

2.9.8. リサーチツールについて

2.9.8.1. Yahoo知恵袋

2.9.8.1.1. リサーチするためのツールではないが、顧客の生の声、疑問がつまってる

2.9.8.2. キーワードプランナー

2.9.8.2.1. Googleとが提供しているもので、キーワードのツール

2.9.8.2.2. キーワードとは

2.9.8.3. アクセス解析

2.9.8.3.1. ただ閲覧するのではなく

2.9.8.4. クラウドワークス

2.9.8.4.1. アンケートを取る

2.9.8.4.2. などリサーチすることを大切にする

2.9.9. 理想の見込み客のペルソナをイメージする

2.9.9.1. 日記を書くなど、してなりきる

2.9.9.2. 理想のお客さんをしっかりイメージしないと、上手なコピーライティングは書けない

2.9.9.3. メインのターゲットとサブのターゲットを組み合わせた見込み客をイメージして、顧客像を作る

2.9.9.4. あまりにも2つの顧客像のそれぞれが、訴求のイメージ像からかけはなれてる場合は

2.9.9.4.1. LPも分けるなどして、それぞれに刺さるような文章を作るのが秘訣

2.10. 自社についてのリサーチ

2.10.1. 自分のことを一番わかっていないのは自分

2.10.1.1. 例:服装

2.10.1.2. 例:チャームポイント

2.10.2. 客観視された方がよくわかる

2.10.3. 自社の自分の魅力が何かというのを、客観的にみる

2.10.4. ジョハリの窓

2.10.4.1. 自分も他人も知ってる自分

2.10.4.2. 他人は知ってるが自分が知らない自分

2.10.4.3. 自分が知ってるが他人は知らない自分

2.10.4.4. 自分も他人も知らない自分

2.10.5. ジョハリの窓→自社にも当てはまる

2.10.6. 自分が当たり前と思ってる事は実はそうではないかもしれない

2.10.6.1. 例;あるビール会社の話(日本の再春館製薬所ドモホルンリンクルも)

2.10.7. 当たり前と思ってることを、提示する知らせること、差別化になる

2.10.7.1. 例:インプラント

2.10.7.2. 例:歯医者

2.10.7.3. 例:整形

2.10.7.4. 普段行ってる事を提示することで、顧客に安心感を与える

2.10.7.5. 自社にあって他社にない強みは何か?

2.10.7.5.1. など、客観的に見ることが大切

2.11. 客は誰のものでもない

2.11.1. 顧客は色んなことを常に比較している

2.11.1.1. ネットサービスは、誰もがワンクリックでお店に飛ぶことができる

2.11.1.1.1. 反面、近くに競合があるということ

2.11.1.1.2. 買いに行く手間が内分、顧客が買う理由が必ず出てくる

2.11.1.1.3. お客さんお比較するポイント

2.11.1.2. なぜ顧客は、自社商品じゃなくてライバル商品を選ぶのか

2.11.1.2.1. 必ず理由がある=それを潰す必要がある

2.11.1.2.2. 競合の商品を顧客の購入する理由を、詳しく見る

2.11.1.3. どうしても太刀打ちできない場合はターゲットを変える

2.11.1.3.1. 例:空手の話

2.11.1.3.2. 例:喧嘩の話

2.12. 競合の客になれ

2.12.1. 大窪社長のコンサルティングの仕方

2.12.1.1. 一番成績がいい人の分析をする

2.12.1.2. 他の社員にも浸透させていく

2.12.1.3. 競合他社の良いところに徹底的に売り込まれ見て体験してみる

2.12.1.4. 良いところは盗む。競合他社にセールスを受けまくる

2.13. 価値は比較によって生まれる

2.13.1. 自分の価値のはかり方

2.13.1.1. 同じ人間で比べるからこそ比較できる

2.13.1.2. 比較する対象によって、高いと感じるか安いと感じるかわかる

2.13.1.3. 例:スーパーで普段購入してるものの価格の比較と、家を購入するときの価格の比較

2.13.1.3.1. 比較対象の値段はわからない場合は、感じ方が変わる

2.13.1.4. 価値が流動的であるからこそ、価値をコントロールすることができる

2.13.1.4.1. 需要と供給の関係で変わってくる

2.13.1.4.2. 時間

2.13.1.4.3. 場所

2.13.1.4.4. 競合他社

2.13.2. 競合に合わせるためにリサーチするわけではない

2.13.2.1. 例:歌手(それぞれの強みを活かせてるからうまくいく)他の独自性に合わせても意味がない

2.13.2.2. 競争から、独自性を出すためにリサーチする

2.13.2.3. 競合と一緒にするためにリサーチするわけではない

2.13.2.4. マーケッターは非常識、競合がそうしてるから強みがあるからリサーチする

2.14. まとめ

2.14.1. 3Cについて

2.14.2. 見込み客になりきる

2.14.3. 心理的な側面からリサーチする

2.14.4. インターネットでリサーチツールが無料であるので、活用する

2.14.5. 自分のことをわかってないのは、実は自分

2.14.6. 当たり前と思ってることが強みになることがある

2.14.7. 見込み客がどのような、競合とどのようなことを比較してるのか

2.14.8. なぜお客さんは競合他社のものを買うのか、分析

2.14.9. 客は自分のものではない

2.14.10. 競合の比較によって価格がきます

2.14.11. 競合に合わせるわけではなく、いかに独自性を出すためにリサーチするか

2.14.12. 何をリサーチするか、購買意欲とは何か

2.14.12.1. 痛み、快楽とのギャップ

2.14.12.1.1. これがわからないと見込み客のことがわからない

3. 第一章

3.1. コピーライティングについて

3.1.1. コピーライティングとは何を得ることができるか

3.1.1.1. 商品の売り方、集客術が学べる

3.1.1.2. 効果的な集客、販売をしていくにはどうすればいいか

3.1.1.3. お金を生み出すための重要なスキル

3.1.1.4. 起業したいと感じた時に助けとなる

3.1.2. どのような人でもコピーライティングができる

3.1.2.1. 生まれや自分の環境は関係ない

3.1.2.2. 学歴も関係ない

3.1.2.3. 大窪社長の経験に基づくエピソード

3.1.2.4. 自由自在にお金が作れるようになる

3.1.3. なぜコピーライティングをすると稼ぐことができるのか

3.1.3.1. ネットビジネスにおける様々な指標の全てにコピーライティングが関係する

3.1.3.1.1. CPA=Cost Per Acquisitionの略、ウェブサイトでの商品購入などのコンバージョン(成果)1件当たりにかかった広告費用を指し、成約単価とされます。

3.1.3.1.2. CPO=Cost Per Orderの略、商品や定期購入などで1件の受注にかかった広告費用。

3.1.3.1.3. CTR=Click Through Rateの頭文字、クリック率

3.1.3.1.4. コンバージョン率=そのWEBサイトがどのくらいの成果を上げているかを示す数値

3.1.3.2. バナー、バナー に書かれている文章にも関わってくる

3.1.3.3. クリック率が変わることや、顧客にとってHPの内容が大事

3.1.3.4. 文章の重要性

3.1.3.5. インターネットに限らず、広告媒体全てに通じてコピーライティングが関連している、

3.1.3.5.1. 顧客の購買に、コピーライティングが関係している

3.1.3.6. コピーライティングで最強のグリーンベレーを作る

3.1.4. 顧客にとってのコピーライティング強み

3.1.4.1. コピーライティングは全てのレバレッジポイント

3.1.4.1.1. コピーライティングとういうジャンルに様々なものがる

3.1.4.2. 制約率の高さによって売り上げが左右される

3.1.4.3. 競合広告の競争力にとって強みになる

3.1.4.4. コピーライティングがあることにより、広告にお金をかけても必ず売り上げが伸びて返ってくる

3.1.4.5. ほとんどの人が集客に困って、お金が出せない状況で無料でなんとかしようとするから売り上げが伸びないし、競争力が伸びない

3.1.4.6. 競争できるHPを作るということは、ビジネスをしていく上で非常に有効である

3.1.5. なぜ、ライティングにより劇的に収入が伸びるのか

3.1.5.1. セールスが絡まないビジネスは世の中にほとんどない

3.1.5.1.1. お金は誰が使うのか??

3.1.5.2. 企業に対してでも個人に対してでも、お金は、必ずセールス(人)を通して生まれる

3.1.5.3. セールスのスキルを高めるためのスキル

3.1.5.4. どんな職種でも、コピーライティングが使える

3.1.5.5. TPCを改善すると、一部だが、LPホームページを改善すると、全ての改善につながる

3.1.5.5.1. TPC(IT用語)=安全性を重視して通信する際のお約束事「TCP」、インターネットのお約束事「IP」を一緒にした表現

3.1.5.5.2. 100パーセント全ての改善につながっる

3.1.5.5.3. だからしっかりとマスターするべき

3.1.5.6. コピーライティングは「兵隊」である

3.1.5.6.1. HP同士で闘う場合いかに勝てるか

3.1.5.7. 制約率によって、戦える土台があるかどうかが変わる

3.1.5.7.1. 競争力がどれだけ違うか

3.1.5.7.2. 広告費が上がると赤字になるか、黒字になって帰ってくるか

3.1.5.7.3. 広告にお金を使えば使うほど、利益が増えるHPが良い

3.1.6. 赤ちゃんの時からセースルマン「セールス」とは

3.1.6.1. 人の説得や人の感情を動かす

3.1.6.1.1. 赤ちゃんは、母親にセールスしている

3.1.6.2. 人の行動を動かす、人心掌握術と言える

3.1.6.3. 赤ちゃんは、生まれてすぐ母親に「セールスしている」

3.1.6.4. 人生の中で、セールスを指摘ていて身近なもの

3.1.6.5. お金んついて勉強する機会がないように、セールスについても勉強する機会がない

3.1.6.5.1. 起業した時に、集客がわからなかったりする

3.1.6.5.2. 全てスキルである。

3.1.6.6. 勉強さえすれば必ず身に付く技術である

3.1.6.7. 簡単に身に着けることができる

3.1.6.7.1. 小学校で習う算数でできるレベルで学べる

3.1.6.7.2. 集客、ライティングを学びたければ、時間を取ればいい

3.1.6.8. 実はとても簡単

3.1.6.8.1. 特別なものではない

3.1.7. 超生産的な仕事をする

3.1.7.1. 労働収入では時給は上がらない

3.1.7.2. 大金を稼ぐためには必ずレバレッジをきかせる必要がある

3.1.7.3. より多くの人に価値をもたらしていく必要がある

3.1.7.3.1. 1人に営業するか10人に営業するか=違う

3.1.7.4. 優れたHP(コピーライティング)を作るということは、超生産的な仕事になる

3.1.7.5. 一度優れたHP(コピーライティング)を作るということは、自分の代わりに働き続けている

3.1.7.6. 営業を例にとれば、働き続ける必要があるが、そこが大きく違う

3.1.7.7. HP作るのに一ヶ月かかっても、何年もセールスし続けるとすればどんどん、結局自分の時給がああがる

3.1.7.7.1. HPがあなたの代わりに営業し続けてくれる

3.1.7.8. 一度作ったものがずっと自分のために働いてくれてるという部分

3.1.7.9. 仕組みを作っていくというのは、費用対効果がとてもいい

3.1.7.9.1. 人生を変えてくれるスキル

3.1.8. コピーライティングの奥深さ

3.1.8.1. 超生産的な仕事であるということを知っていないと、モチベーションが上がらない

3.1.8.1.1. まず公式を覚えましょう

3.1.8.2. 浅いスキルではなく、自身の時給を上げてくれるスキルである

3.1.8.3. コピーライティングは、とてもパワフル

3.2. コピーラティングの「学び」について

3.2.1. 逆順から学ぶ

3.2.1.1. コピーライティングの教え方は2種類ある

3.2.1.1.1. 本質から、一から学ぶと10年以上かかる

3.2.1.1.2. もう一つの、ノウハウで学ぶ逆順から学ぶ

3.3. コピーライティングとは言葉とは

3.3.1. コピーライターは言葉の力

3.3.1.1. 言葉の力を極めるということがコピーライティングを極めるということであり、セールスに特化したものではない。

3.3.1.1.1. 言葉を極める

3.3.1.2. 言葉は、セールスだけじゃなく人間的なものに影響を与える。

3.3.1.3. 感情や、健康、恋愛や、人生などに影響させる力がある

3.3.1.3.1. 感情は人に影響を表すくらい、大きな力がある

3.3.1.4. 自分の人生が大きく変わる、人の人生も大きく変えることができる

3.3.1.4.1. アファメーション=なりたい自分になるための言葉による思い込みづくりのこと

3.3.1.4.2. アファメーション=「肯定的な自己暗示」「肯定的な自己説得」「肯定的な自己宣言」

3.3.1.4.3. 言霊

3.3.1.5. 言葉の力をつかって世界に影響を与えることもできる

3.3.1.5.1. 言葉の力を使って様々な事ができる

3.3.1.6. 言葉は盾と矛であり、人の人生を悪くすることもよくすることもできる

3.3.1.6.1. 言葉によって、良くも悪くも使えるので注意をする

3.3.1.6.2. 言葉の力は、自分が思ってる以上にある!

3.3.1.7. 言葉は縦と矛だなので、モラルが大切

3.3.2. 人間は、言葉でプログラムされている

3.3.2.1. 感情は言葉とイメージと体の感覚を結びつけたもの

3.3.2.1.1. 感情は言葉のラベルづけ

3.3.2.1.2. 人間の側面まで言葉で変えてしまう!

3.3.2.2. 言葉によって性格が作られている

3.3.2.3. 自分は「〇〇」だと定義ができる

3.3.2.4. 価値観、信念、アイデンティティまでもが書き換わる

3.3.2.5. 言葉人間の根本的なプログラミングをしている

3.3.3. コピーライティングとは化学である

3.3.3.1. 科学的な部分も学ぶ

3.3.3.1.1. セールスは科学!

3.3.3.2. スピリチュアルな部分もある

3.3.3.2.1. コピーライティングは宇宙と言っていいくらい、力があある

3.3.3.2.2. 水に言葉をかけたら物質が変わるというのが実証済み

4. 第二章

4.1. 大窪社長の講座をする上での考え

4.1.1. パーツの話、テクニック的なことは後半に教えていく

4.1.2. マインドセットや、概念的な部分や深いところから学ぶ

4.1.2.1. マインドセット=経験、教育、先入観などから形成される思考様式、心理状態。

4.1.3. HP書くだけの文章術ではなく、深く、様々なところに活用できるもの

4.1.4. 将来的には、本質的なベースを知っていた方がいい

4.1.4.1. ライティングの本質とは??根本的な部分

4.1.5. 本質的な部分が大事

4.2. 1

4.2.1. セールスとは

4.2.1.1. セールスは強盗ではない

4.2.1.1.1. お金を稼ぐことは悪いことではない

4.2.1.1.2. そこにメンタルブロックがかかっているが多い

4.2.1.2. その人が困っている、必要な物へのサポートだと、それは悪いことではない

4.2.1.2.1. 探してる物、ニーズに対して適切な情報を与えることによってセールスの解決の手伝いをするというのが根本的な考え

4.2.1.3. セールスのサポートであり、提案であり、コンサルティング

4.2.1.3.1. ニーズのないところにセールスはない

4.2.2. 買い物はSEXと似ている

4.2.2.1. 買い物をするといにセールスをしてない人は、「人は物を買い物したくない」と思っている

4.2.2.2. 買い物の奥(潜在的な意識)にある物を買っている

4.2.2.3. 買い物は本能的な物である

4.2.2.3.1. 買い物は、その先のものを購入している

4.2.2.4. 罪悪感を持っている人もいる

4.2.2.5. 買い物を快楽と捉えたり得る人もいる

4.2.2.6. 人間はお金があれば買い物してしまう

4.2.2.7. お金を使いたいと思ってる人に対してセールスをすることは悪いことではない

4.2.2.7.1. お金があれば使いたくなる

4.2.2.7.2. 売るのは難しくない

4.2.3. 理論より感情に訴えかけろ

4.2.3.1. ダイエットを例えに

4.2.3.1.1. 食べてはいけないと思っていてもなかなかやめられない

4.2.3.1.2. うまくいかない

4.2.3.1.3. ダイエット、食べてはいけないと思う部分は意識、食べたい問いのは無意識が働く

4.2.3.1.4. ダメだとわかってても買ってしまう人、食べてしまう人、は全て無意識からきていて抑えることができない

4.2.3.1.5. 理論的に訴えるのは、意識の部分に訴えかけるが、感情に訴えかけると、無意識が働き、10倍以上うまくいく

4.2.3.1.6. 文章でも対面でも全て同じ

4.2.4. 商品やサービスを欲しい奴などいない

4.2.4.1. 商品やサービスを人は買ってるわけではない

4.2.4.1.1. 例:高級時計を購入する理由

4.2.4.1.2. 何故、時間を見るだけのものに対して、非常に高いものを購入するのか

4.2.4.1.3. その商品自体を買ってるわけではない、自分の感情を買っている

4.2.4.1.4. 経験を通して得られる感情を買っている

4.2.4.1.5. 同じ商品を買ったとしても人によって買う理由が違う

4.2.4.1.6. 感情は人それぞれ違うからこそ、訴求によって人それぞれ望んでる感情が違う

4.2.4.2. セールスでは、物、サービスばかりを売ろうとしない

4.2.4.2.1. 人は、買い物をする際は、特徴などを求めてるわけではない

4.2.4.2.2. 結びついている感情が結びついている

4.2.4.3. 人はある一つのプログラムで動いている

4.2.4.3.1. 非常に、便利なパソコンを例にとって、様々な機能があるパソコンは「0」「1」で、プログラムで動いている、人間も同じ

4.2.4.3.2. 人間のプログラムは「苦痛をを避けて快楽を求める」という原理原則で動いている

4.2.4.3.3. 苦痛を避ける欲求は快楽を求める欲求より3倍以上強い

4.2.4.4. セールスの原理原則を踏まえた上の奥義とは?

4.2.4.4.1. 苦痛を増幅させ、快楽を増幅させれば売れる

4.2.4.4.2. 購買欲求とは何か?

4.2.4.4.3. 人は何故それが欲しいかわかっていない

4.2.4.4.4. 現実より、空想の方が怖い

4.2.4.4.5. 感情と言葉

4.2.4.4.6. 表面的なものを分析したコピーライティングの講座が多い

4.2.4.4.7. コピーライティングの本質

5. 第4章

5.1. はじめに

5.1.1. 言葉でなく、本質的な部分、感情、言葉の意味、といった中身を理解する

5.1.2. 公式など、本質な部分を理解して使いこなせるようになる

5.1.3. より高いレベルに、行きたければ、そこを理解してしっかり学ぶ

5.2. 人を動かすために越えなければならない壁

5.2.1. 読まない

5.2.2. 信じない

5.2.3. 行動しない

5.2.4. この3つの壁(トリガー)を乗り越えていけば売れる

5.2.5. 懇願しても✖︎いかにして越えていくか

5.3. 大きく3つに分ける

5.3.1. キャッチコピー

5.3.1.1. 読まないかべを超える部分

5.3.2. ボディコピーの部分

5.3.2.1. 信じない壁を超える部分

5.3.3. クローズコピー

5.3.3.1. 行動しない壁を超える部分

5.4. キャッチコピーについて

5.4.1. 読まない壁をどうやって超えるか

5.4.1.1. 「平均するとコピーの本文を読み人の5倍の人がヘッドラインを読む」

5.4.1.1.1. ヘッドラインの壁を越えないといけない

5.4.1.1.2. ヘッドラインが変わっただけで売り上げが変わる

5.4.1.2. 意図的に売れる、ヘッドラインを作るか

5.4.2. ゴミ箱に直行

5.4.2.1. 人は、いるものといらないものを振り分ける

5.4.2.1.1. にもかかわらず、自分のものは読まれると思っている

5.4.2.1.2. 大量の広告の影響を受けてるはず

5.4.3. 人は目に入ってても見えない

5.4.3.1. 人間の脳は必要なものしか見えない

5.4.3.2. フォーカスしてるものしか感じることができない

5.4.3.3. 必要としてないものしか見てない

5.4.3.4. 目に止まるためには、認知してもらうことが大事

5.4.4. ファーストコンタクトできまる

5.4.4.1. 人はみため9割で判断してる

5.4.4.2. はじめに聞いてもらえなければ、あとは聞いてもらえない

5.4.4.3. 大窪社長の経験:セールスすると70パーセントは留守→最終的に話を聞いてくれるのは数人

5.4.4.3.1. ある日、話を聞いてくれるポイントに気づいた

5.4.4.3.2. ファーストコンタクトを工夫することで、聞いてもられるようになった

5.4.4.4. ファーストインプレッションを大切にする

5.4.4.4.1. 数秒で判断する

5.4.5. 何を言うかよりも、誰に言うか

5.4.5.1. スティーブ・ジョブズの言葉

5.4.5.2. 例えば、ホームレスの方に言われたらどうか

5.4.5.2.1. その言葉には、全く価値を見出さない

5.4.5.3. 素晴らしい言葉としても、誰が言うかによって変わってくる

5.4.5.4. HPを見てもらうために

5.4.5.4.1. 自社のホームページに好きな対象があるかないか

5.4.6. 3つのまとめ

5.4.6.1. 魅力的なタイトル

5.4.6.2. 適切な写真を使う

5.4.6.3. ファーストインプレションに重要な情報をいれる

5.5. 魅力的なタイトルの定義

5.5.1. オファー

5.5.2. ベネフィト

5.5.2.1. お客さんが商品から得られるメリット

5.5.2.1.1. 同じ商品でも、欲しい理由は人それぞれ違う

5.5.2.1.2. 感情に訴えかける

5.5.2.2. 特徴

5.5.2.2.1. 理論に訴えかけてる

5.5.2.3. ベネフィット

5.5.2.3.1. イメージ、感情に訴えかけ得てる

5.5.2.4. 見えないものを見えるものにして訴求する方法

5.5.2.5. 好奇心をそそるようなタイトル

5.5.2.5.1. 質問や、診断などから入る

5.5.3. 見込み客

5.5.3.1. 人に、読んでもらいたいとき、誰に書いてるかはっきりとわかるようにする

5.5.3.1.1. 〇〇の方に朗報です!など

5.5.4. ニュース性、好奇心

5.5.5. 誰(見込み客)に対してどんな利益(ベネフィット)がいつどんんあ革新的な方法(USP)や形(オファー)、好奇心、ニュース性でもたらされるか

5.5.6. 潜入捜査官になる

5.5.6.1. 囮りとして、バレないようにセールスをする

5.5.6.2. セールスレター

5.5.6.2.1. 広告とバレないように読ませる

5.5.6.2.2. 例:Webでいうと、記事風に見せた広告

5.5.6.2.3. 例:記事と思わせて、読ませると広告

5.5.6.3. 広告となると構える

5.5.6.3.1. つまり、広告と見せないようにする

5.5.6.4. 開封させるということを目的にする

5.5.6.4.1. 読んでもらうというだけで、売り上げが飛躍的に伸びる

5.5.6.5. ニュース性

5.5.6.5.1. 日本人は「流行に弱い」

5.5.6.5.2. 〇〇セールだど、話題性、トレンドを利用してセースルする手法

5.5.7. 商品の中身に大した差はない

5.5.7.1. 見せ方の少しの差で大きな差がでてしまう

5.5.7.1.1. 感情買ってるので、感情を刺激するようなコンセプトをかけるといい

5.5.7.2. 見せ方が違うだけ

5.5.7.2.1. かけたコストに対して、それ以上の価値を見出すことができる

5.5.7.3. 商品サービスをどのような切り口で訴求していくか

5.5.7.4. 売り上げを上げるためには、見せ方の部分に価値を見出して、表現する

5.5.7.5. コンセプトを作るヒント

5.5.7.5.1. デザイン、見た目を変える

5.5.7.5.2. ネーミング

5.5.7.5.3. 訴求の切り口を変える

5.5.7.5.4. イベントに便乗する

5.5.8. 魅力的なタイトルと作るヒント

5.5.8.1. 小手先のテクニックが重要である

5.5.8.1.1. USPについて

5.5.8.2. 「だからオファーなんだよ、バカ」

5.5.8.2.1. 買わないと損と思うようなオファーをする

5.5.8.2.2. 抵抗できないようなオファーを作る

5.5.8.2.3. オファーとは、取引条件の全て

5.5.8.2.4. オファーを作るヒント1「特典が圧倒的」

5.5.8.2.5. ヒント2「価格が圧倒的」

5.5.8.2.6. ヒント3「保証が圧倒的」

5.5.8.2.7. ヒント4「量が圧倒的」

5.5.8.2.8. ヒント5「質が圧倒的」

5.5.8.2.9. ヒント6「利便性が圧倒的」

5.5.8.2.10. ※つまり、強いオファーを作るということが、文章で説得するよりも早いということ

5.5.8.2.11. オファーを作ってでも、利益が出るようなビジネスモデルを作ることが重要

5.5.8.3. 簡単に作れるオファーテンプレート一部

5.5.8.3.1. 「一枚買ったら、もう一枚無料(50パーセントOFF)」

5.5.8.3.2. 「無料お試し」

5.5.8.3.3. 「格安」

5.5.8.3.4. 「返金保証」

5.5.8.3.5. 「特典」

5.5.8.4. 「小手先」のテクニックについて

5.5.8.4.1. 1、タイトルに「新しい」や「新」を入れて見る

5.5.8.4.2. 2、タイトルに「無料」をいれる

5.5.8.4.3. 3「さあ、遂に、いかに、とうとう、いよいよ」から始める

5.5.8.4.4. 4「ベネフィットを数字で伝える」

5.5.8.4.5. 5「タイトルに日付や年を入れる」

5.5.8.4.6. 7「「特典」をタイトルに入れる

5.5.8.4.7. 8「支払い方法の簡単さを入れる」

5.5.8.4.8. 9「〇〇する方法」

5.5.8.4.9. 10「どうやって」「このように」「どうして」ベネフィットを得たのか?

5.5.8.4.10. 11「発表」「警告」「求む」「ご紹介」などをタイトルの頭に入れる

5.5.8.4.11. 12「理由、なぜを入れる」

5.5.8.4.12. 13「見込み客を入れる」

5.5.8.4.13. 14「役に立つ情報を入れる」

5.5.8.4.14. 15「もし〜なら」など仮定形にする

5.6. アイキャッチ(写真について)

5.6.1. どんな画像が出ているか、コピーと同じくらいに重要

5.6.2. 人はファーストインプレッションで無意識のうちで多くを判断する

5.6.3. タイトルと画像があった場合

5.6.3.1. 「画像の重要性」先に画像に目がいく

5.6.3.1.1. 訴求力も上がる

5.6.4. 画像にも力を入れる必要がある

5.6.4.1. 文章に自信がない人ほど、画像にも力を入れるべき

5.6.5. タイトルにどういう写真を使うか

5.6.5.1. 「一目で何屋かわかるような」写真、「自分に関係があると思わせたりイメージさせるような」写真

5.6.5.1.1. 例:講師の写真

5.6.5.1.2. イメージ写真よりも自分が撮った写真の方が反応が高い

5.6.5.1.3. できるだけイメージ写真は、タイトルには使わない

5.6.6. 例:写真の目線一つで、制約りつが変わることもある

5.6.6.1. 見せたいところを、視線で表現する

5.7. 4章まとめ

5.7.1. 「魅力的なタイトルの定義とは?」

5.7.1.1. 誰に対してどんな利益が、いつどんな革新的な方法や形でもたらされるか

5.7.1.2. USP、オファー、好奇心、質問に答えたもの、

5.7.1.3. 他、簡単な方法、見込み客を入れる「〜な方へ」

5.7.1.4. タイトルで伝えるのは、「特徴」ではなく、「ベネフィット」である

5.7.1.4.1. ベネフィットとは顧客が商品から得られる、経験、感情、メリットである

5.7.1.5. 好奇心

5.7.1.5.1. 読んでいつの間にかセースルするパターンは、好奇心をかき立てるようなタイトルで、訴求していくのも効果的

5.7.1.6. 広告に見えないようすることで、反応が上がる

5.7.1.6.1. いかに広告に見えないように「潜入捜査官のように」広告を考える

5.7.1.7. 関係ない、イベントなども入れるのも効果的

5.7.1.7.1. トレンドに乗っかる

5.7.1.8. 日本人は流行に弱い

5.7.1.9. コンセプトの重要さ

5.7.1.9.1. USP、

5.7.1.10. 商品自体に差がなくても、コンセプトで魅力的に見せることができる

5.7.1.10.1. お金がない人は知恵を絞れ

5.7.1.10.2. お金がなかったら、価値をあげられない人は、お金があっても価値をあげられない

5.7.1.11. 他がやりたがらないことをするなど、独自性を出す

5.7.1.11.1. ナンバー1という言葉の重要性

5.7.1.12. 抵抗できないオファー

5.7.1.12.1. 買わない方が損と思うようなオファーを作るところに知恵をしぼる

5.7.1.13. 文章が苦手な人は、魅力的な提案ができないかに知恵を絞る

5.7.1.14. オファーを作るためのヒント

5.7.1.14.1. オファオーテンプレート

5.7.1.15. 小手先のテクニック

5.7.1.15.1. 少しのアクセントで反応が変わる

5.7.1.16. ホームページや広告

5.7.1.16.1. レバレッジポイント

5.7.1.16.2. アクセスが多ければ多いほど読まない壁を突破する壁が大きい

5.7.1.17. 写真の重要性

6. 第5章

6.1. ボディコピーについて

6.1.1. 信じない壁を突破する具体的な方法

6.1.2. うまい言い回しで信じでもらえる要素がどれだけ入っているか

6.1.3. キャッチコピーで魅力を信じてもらえることが大事

6.1.4. いきなり体を求めるな

6.1.4.1. 商品に興味がない人に話をいきなりしても信じてもらえない

6.1.4.2. まず、商品に対して商品に対しての欲求を駆り立てる

6.1.4.3. 問題提起

6.1.4.3.1. 「悩みはないですか?」顧客に投げかける

6.1.4.3.2. 問題提起の役割

6.1.4.3.3. ラポールの形成

6.1.5. 効果、優位性の証明

6.1.5.1. 競合の商品に比べて

6.1.5.2. 具体的にどのようなところが

6.1.5.3. 効果を見せることによって、疑いがなくなる

6.1.5.4. それが最終的に口コミとなり広がる

6.1.5.5. これを意図的に証明する

6.1.5.6. お客様の声

6.1.5.6.1. お客様の声を信用してもらえたら信頼される

6.1.5.6.2. リアリティを持たせる

6.1.5.6.3. 具体性、写真や動画を利用する

6.1.5.7. 実績の画像

6.1.5.7.1. ビフォーアフターなど

6.1.5.7.2. 広告

6.1.5.7.3. 見える化

6.1.5.7.4. デモンストレーション

6.1.5.8. 科学的な論文や統計情報

6.1.5.8.1. 見える化

6.1.5.8.2. 通販などでされてる手法

6.1.5.8.3. 医師の意見や推薦

6.1.5.8.4. 統計データを出す

6.1.5.8.5. なければ取る努力をする

6.1.5.9. サンプル

6.1.5.9.1. 他↓

6.1.5.9.2. 詳細な手順や申込方法を明示する

6.1.5.9.3. 優位性がわかるように比較表にする

6.1.5.10. 商品の魅力を伝えきる

6.1.5.10.1. 10の魅力があっても伝えきれてない

6.1.5.10.2. いらないものはごみ

6.1.5.10.3. 特典の価値を上げるためのプレゼンをする必要がある

6.1.5.10.4. しっかりと商品の魅力を洗い出す

6.1.5.10.5. 伝わってない魅力はないのと同じ

7. 第6章

7.1. 3つめの壁「行動しない」について

7.1.1. 人を行動させるには、理由を作る

7.1.2. コピーでは命令しても動かない(効果がない)

7.1.2.1. コピーライティング

7.1.2.2. セールスレター

7.1.2.3. ウェブページ

7.1.3. 押し売りすればするほど抵抗が生まれる

7.1.4. 自ら、買ってもらうようなセールスが大切

7.1.4.1. 心理トリガー

7.1.4.2. 購買決定要因(トリガー)

7.1.4.2.1. 価格のプレゼン

7.1.4.2.2. 初めての海外旅行

7.1.4.2.3. なんでもいいから理由をいえ

7.1.4.2.4. 人は締め切りがなければ動かない

7.1.4.2.5. 希少性、限定性

7.1.4.2.6. 何をすべきかきちんと明記する

8. 第7章

8.1. おさらい

8.1.1. 三つの壁

8.1.1.1. Not read 読まない

8.1.1.2. Not believe 信じない

8.1.1.3. Not action 行動しない

8.1.2. 魅力的なヘッドライン

8.1.2.1. 魅力的なタイトルとは まとめ

8.1.2.1.1. 見込み客、ターゲット層が合っているか

8.1.2.1.2. ベネフィット 顧客が得られるメリット(感情)を明示できているか

8.1.2.1.3. 好奇心

8.1.2.1.4. ニュース性

8.1.2.1.5. オファー

8.1.2.1.6. USP

8.1.2.1.7. コンセプト

8.1.2.1.8. 小手先のテクニック

8.1.2.2. アイキャッチ

8.1.2.2.1. これで読まない壁を乗り越える

8.1.3. 信じない壁を突破する方法

8.1.3.1. 心象ではなく物的証拠

8.1.3.1.1. お客さんの声

8.1.3.1.2. 実績画像

8.1.3.1.3. デモンストレーション

8.1.3.1.4. ビフォーアフター

8.1.3.1.5. 科学的な検証、論文

8.1.3.1.6. サンプル

8.1.3.1.7. 素材、原材料など

8.1.3.1.8. 申込手順

8.1.3.1.9. 比較ひょう 優位性を証明するもの

8.1.3.1.10. メディアの掲載履歴 など

8.1.3.2. 商品の優位性、権威性、効果を証明

8.1.3.2.1. そして行動させる

8.1.4. 行動させる方法

8.1.4.1. 価格のプレゼン

8.1.4.2. リスクリバーサル

8.1.4.3. Q&A

8.1.4.4. クロージング

8.1.4.5. デッドライン

8.1.4.5.1. 締め切り

8.1.4.6. 希少性を作る

8.1.4.7. 理由

8.1.4.8. フューチャーページング

8.1.4.8.1. 未来を想像させることによって、顧客の購買意欲を高める

8.2. どのようにして、組み立てるか

8.2.1. 要素のリサーチをする

8.2.1.1. 素材をどのように並べるか

8.2.1.2. LP ランディングページ

8.2.1.2.1. キャッチコピー

8.2.1.2.2. 問題提起

8.2.1.2.3. 問題をイメージさせる

8.2.1.2.4. 解決策の提示

8.2.1.2.5. 商品説明&証拠

8.2.1.2.6. 価格のプレゼン

8.2.1.2.7. 希少性、限定性

8.2.1.2.8. フューチャーページング

8.2.1.2.9. 他のLPと見比べたり、同じ商品のLPの要素の部分を真似してみたらいい

8.2.1.3. 言い回しだけうまくても意味がない

8.2.1.3.1. まず、どういったパーツがあるのかを理解する

8.2.1.3.2. コピーがわかるようになったら

8.2.2. スワイプファイル

8.2.2.1. いいコピーの事例を集める

8.2.2.2. どのような要素が含まれてるかを見極め、保存する

8.2.2.3. 集めたものを、参考にしながら組み立てる

8.2.2.4. クリエイティブに模倣する

8.2.2.4.1. パーツを真似する

8.2.2.4.2. 表現の仕方を真似する

8.2.2.4.3. ※そのまま真似するという意味ではない

8.2.2.4.4. 洗練された、セールスデザインの場合

8.3. 教科書をみても、海は泳げない

8.3.1. 泳ぎの勉強を学習したとしても実際に経験しないとうまくならない

8.3.2. いいノウハウを勉強したとしても力はつかない

8.3.3. コピーを怖がらずに、市場に出すこと

8.4. 100パーセントのコピーはない

8.4.1. 100パーセントこれ方正しいというのはない

8.4.2. 顧客の反応が答え

8.4.2.1. その後どのように改善していくか

8.4.2.1.1. それが力になる

8.4.2.2. 分母が違えど、いいコピーが書ければお金が得られる

8.4.2.3. コピーが強ければ強い競争市場で戦える

8.4.2.4. コピーライティングという言葉の力

8.4.3. 骨が折れるのは当たり前

8.4.3.1. 大変なのは当たり前

8.4.3.2. 一流の営業マンを入社させるのにどれだけ大変か

8.4.3.3. コピーの力で売り上げを伸ばすことが出きる

8.4.3.3.1. コピーの力はやりがいのあるスキル

8.4.4. アマチュアのコピーライターになるな

8.4.4.1. 書いたらお金がもらえる=では意味がない

8.4.4.2. とことん成果にこだわる

8.4.4.3. 夢を達成するための技術

8.4.4.4. 他、ダイレクトレスポンスマーケティング、アクセスの集め方を知る必要がある

8.4.4.5. コピーライティングは、レバレッジポイント

8.4.4.5.1. マーケティングのことがわからないと意味がない

8.4.4.5.2. 集客の勉強が必要

8.4.4.5.3. マーケッターになれ

8.4.4.6. 言葉の魔術師としての誇りを持て

8.4.4.6.1. 言葉は、人生を豊にするツール

8.4.4.6.2. セーするだけでなく様々な場面で使える

8.4.5. セールスレターは育てていくもの

8.4.5.1. 改善して育てていけばいい

8.5. ネバーギブアップ!

8.5.1. お金を稼ぐをいうことは、スキル

8.5.2. 今ままでうまくいかなかったとすれば

8.5.2.1. 学ばなかっただけ

8.5.2.2. 知らなかっただけ

8.5.2.3. 諦めなければ人生を変えることができる

8.5.2.4. 過去の呪縛から逃れることができる

8.5.2.5. 集客というのは、マーケティングをマスターし、顧客に価値を与えることにより増えていく

8.5.2.6. 成功の場もある

8.5.2.7. 豊なチャンスもある、あらゆる経験をチャンスにできる