育成PJの目的 (LAIブランド)

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
育成PJの目的 (LAIブランド) により Mind Map: 育成PJの目的 (LAIブランド)

1. キャリアナビゲーション力の強化

2. LM基準浸透=基準を上げる

3. 未来志向醸成=LAI経営人材の育成

3.1. 主体性を育む

3.2. ナレッジや感性等を与える

4. 具体的目標(定量化)

4.1. ASMやEMなどのリーダー的役割を担う=未来づくり力

4.1.1. スタンス

4.1.1.1. 未来志向

4.1.1.1.1. 3か年計画作成(南)

4.1.2. スキル・ナレッジ

4.1.2.1. 人間的魅力を作る

4.1.2.1.1. 「プロの影響力」研修(岩橋)

4.1.2.2. 言語化力向上

4.1.2.2.1. メンバー育成ロープレ(谷津)

4.1.2.2.2. 採用で未来を語る(谷津・南)

4.1.2.3. 感化力向上

4.1.3. その他

4.1.3.1. 強みと弱みを知る

4.1.3.1.1. フォーカスランキング20卒ver作成→運用(出口・渡辺)

4.1.3.2. 認知度UP

4.1.3.2.1. エリアやカンパニーへ意味のある発信

4.2. ROY獲得=数値形成力

4.2.1. スタンス

4.2.1.1. スイッチ&フォーカス

4.2.1.1.1. モチベーションエンジニアセッション(先輩社員にインタビュー)(南)

4.2.1.1.2. 教室間留学(渡辺)

4.2.1.1.3. スイッチ&フォーカス研修(谷津)

4.2.2. スキル・ナレッジ

4.2.2.1. 社会を知り、仕事を知り、人を知り、サービスを知る

4.2.2.1.1. 講座ナレッジ研修(渡辺)

4.2.2.1.2. 初回CS研修(渡辺)

4.2.2.1.3. VU研修(渡辺)

4.2.2.1.4. bridge型化(岩橋)

4.2.2.1.5. 社会を知る(岩橋)

4.3. 離職率0%=対自分力

4.3.1. スタンス

4.3.1.1. 結束感醸成

4.3.1.1.1. 新卒版GoodLAC(南)

4.3.1.1.2. チーム戦(岩橋)

4.3.1.1.3. 飲み会(岩橋)

4.3.1.2. 意味づけ

4.3.1.2.1. コミットメント面談実施(週1~月1回程度)(出口・岩橋・渡辺)

4.3.1.2.2. スイッチ&フォーカス研修(谷津)

4.3.2. その他

4.3.2.1. 業務効率化

4.3.2.1.1. 型化PJ(南)

5. 上下内外左右コミュニケーション活性化

5.1. 左右のコミュニケーション(同期内)の場づくり

5.2. チーム感

6. アイカンパニーの体現=当事者意識

7. 中目的

7.1. 人創り

7.1.1. 主体的

7.1.1.1. 会社を語れる人

7.1.1.2. 未来志向

7.1.2. プロの影響力・LMスタイル(LM基準)

7.1.2.1. 年間テーマ決め基準

7.1.2.1.1. 研修

7.1.2.1.2. 研修外

7.1.2.1.3. ※注意

8. 役割決め

8.1. 何を基準に?

8.1.1. 研修と研修外?

8.1.2. 単月ごとリーダーを設置→全員?

9. 単月施策

9.1. 出口

9.1.1. 定性を大切にしたい

9.1.2. 業務に慣れさせない

9.1.3. エースとしての意識を醸成

9.2. 黒森

9.2.1. 通し

9.2.1.1. 強みを作る

9.2.1.1.1. フォーカススコア

9.2.1.1.2. レビューカフェ

9.2.1.2. LMの思想を軸に行動していくこと

9.2.1.3. 自責・ワクワク

9.2.1.4. DNAの浸透

9.3. 南

9.3.1. After

9.3.1.1. LMスタイル実現

9.3.1.1.1. 単月研修

9.3.1.2. LAI経営人材の育成

9.3.1.2.1. 通し研修

9.4. 谷津

9.4.1. After

9.4.1.1. will/can/mustのフレームで育成

9.5. 岩橋

9.5.1. 通し

9.5.1.1. 経営計画grand prix

9.5.2. 単月

9.5.2.1. LMスタイル×スタンス

9.6. 渡辺

9.6.1. 通し

9.6.1.1. フォーカススコア

9.6.1.2. BSP

9.6.1.3. EMロープレ

9.6.2. 単月

10. 通し施策

10.1. DNAレポート

10.2. 今と向き合う指標

10.2.1. フォーカススコア

10.3. 主体性・自立性をはぐくむ(≒未来志向)

10.3.1. 具体的ゴール

10.3.2. 会社を語る→自分を語る→仲間も語る→目の前の会社を変える思考と具体的アクションにつなげる

10.3.2.1. 経営計画

10.3.2.1.1. 会社の未来を描く

10.3.2.2. EM

10.3.2.2.1. 会社と自分を語る

10.3.2.2.2. 理想と今とのGAPを洗い出す

10.3.2.3. GoodLAC

10.3.2.4. BSP

10.3.2.4.1. 具体的アクションする場に

10.4. 主体性・自立性をはぐくむ(≒空間のマジック)

10.4.1. RVカフェ

11. 単月施策

11.1. 11月