わからなかったRuby

わからなかったRuby

Начать. Это бесплатно
или регистрация c помощью Вашего email-адреса
わからなかったRuby создатель Mind Map: わからなかったRuby

1. 制御構文

1.1. while構文

1.1.1. while true do

1.1.1.1. 原理

1.1.1.1.1. 条件式をtrueにすることでプログラムが終了せず、繰り返し処理が行われる。

1.1.1.2. 使う場面

1.1.1.2.1. アプリを起動した際、処理を始めたい場合

1.1.1.2.2. 例:アプリを起動した際、選択肢を表示したい時等

1.1.1.3. 類似メソッド

1.1.1.3.1. loopメソッド

2. 組み込みライブラリ

2.1. timeクラス

2.1.1. What

2.1.1.1. 時刻を表すクラス

2.1.2. How

2.1.2.1. Time.now

2.1.2.2. class Time (Ruby 2.7.0 リファレンスマニュアル)

3. 組み込みライブラリ

3.1. timeクラス

4. クラスメソッドとは

4.1. 使える変数

4.1.1. クラス変数のみ

4.2. クラスオブジェクトから呼び出すためのメソっど

4.3. 使い方

4.3.1. クラス名.メソッド

4.4. クラス変数とは

4.4.1. インスタンス毎の変数が固定

5. インスタンスメソッド

5.1. 使える変数

5.1.1. インスタンス変数

5.1.2. クラス変数

5.2. インスタンスオブジェクトから呼び出すためのメソッド

5.3. 使い方

5.3.1. オブジェクト名.メソッド

5.4. インスタンス変数とは

5.4.1. インスタンス毎に変数が変化する

6. ハッシュオブジェクトとは

6.1. 複数のオブジェクトを管理するためのオブジェクト

6.2. 値のオブジェクトと、キーのオブジェクトを指定して管理する

6.3. 特徴はキーのオブジェクトをインデックスではなく、指定したキーで管理できること

6.4. 記入例

6.4.1. {キー1 => 値1, キー2 => 値2, ...]

6.4.2. {キー1: 値1, キー2: 値2, ...]

7. 数値クラス

7.1. to_iメソッド

7.1.1. when

7.1.1.1. 整数を扱う場合

7.2. to_fメソッド

7.2.1. when

7.2.1.1. 浮動小数点数を扱う場合

8. 配列からオブジェクトを取り出す方法

8.1. 配列オブジェクトとは

8.1.1. 一つの変数に複数の値を設定できるオブジェクトのこと

9. 記法

9.1. 比較演算子の書き方

9.1.1. 以上、以下

9.1.1.1. <=

9.1.1.2. >=

9.2. %w記法

9.2.1. What

9.2.1.1. 文字列からなる配列を作成したいときに「[ ]」(ブラケット)や「" "」(ダブルクォーテーション)を省略して記述するためのRubyの構文

9.2.2. How

9.2.2.1. 【Ruby入門】%記法の使い方まとめ|%w・%W・%q・%r・%i・%I…

10. メソッド

10.1. roundメソッド

10.1.1. when

10.1.1.1. 四捨五入したい時

10.1.2. how

10.1.2.1. 引数に小数点以下の桁を入力することでそれ以下の桁を四捨五入することができる

10.1.2.1.1. 例:1.56.round(1)→1.6

10.2. each_with_indexメソッド

10.2.1. When

10.2.1.1. オブジェクトから要素と要素番号(インデックス)を取り出したい時

10.2.2. How

10.2.2.1. each_with_index do |item, i|

10.2.2.1.1. ブロック変数が2個あることがポイント

10.2.2.2. Ruby each_with_indexを即理解!値を1から開始させる…|Udemy メディア

10.3. randメソッド

10.3.1. when

10.3.1.1. ランダムにintegerを生成したい時

10.3.2. how

10.3.2.1. rand()に引数を渡す

10.3.2.2. 例:rand(100) => 0〜99の範囲でランダムで数値が生成される

10.4. scanメソッド

10.4.1. when

10.4.1.1. マッチした文字列を配列として生成したい時

10.4.2. how

10.4.2.1. オブジェクト.scan("取り出したい要素")

10.4.2.1.1. => 取り出した要素のみ含まれる配列を生成

10.4.2.2. Rubyのscanメソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

10.5. indexメソッド

10.6. sliceメソッド

11. 組み込みライブラリ